トップページ>>ピロリ菌専門外来

ピロリ菌専門外来

 
検査や治療は、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医を取得している専門医が行います。
 まず、胃内視鏡検査で病変の有無を調べた後、呼気の検査を行います。ピロリ菌に感染していたときは、除菌治療を行います。1週間薬を飲むことで、約70%の方が除菌できます。除菌できなかったときは、薬を変えさらに1週間飲むことで約90%の方が除菌できます。

 料金は、胃内視鏡の検査で胃潰瘍の病変があったときには保険診療となりますが、病変がないときは自由診療(全額負担、下記参照。)になります。なお、他の医療機関等でピロリ菌陽性とわかっている方は、下記金額と異なる場合があります。

検査・治療の内容 自由診療負担額 備 考
最初の検査(胃内視鏡+呼気検査) 23,500円 ピロリ菌の感染がないときは、ここで終わり。
1回目の治療(一次除菌)+呼気試験(除菌誤判定) 12,500円 1回目の治療で除菌できたら、ここで終わり。
2回目の治療(二次除菌)+呼気試験(除菌誤判定) 9,800円 除菌できないこともあります。

担当する専門医・・・日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医  内科部長 井上龍二

トップページ>>ピロリ菌専門外来